上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
本日の産経新聞に、昨日の全国知事会の記事が有りました。

その中で鳩山総理はこう発言したとの事です。
「日中の間で衝突があったとき、アメリカは安保条約の立場で行動する。しかし(尖閣諸島の)帰属問題は日中 当事者同士で議論して結論を出す、と私は理解をしている」

石原都知事は
日中間で尖閣諸島の帰属を協議しようって、こんなバカをいう総理大臣いるのか? 
正式に(米国から)返還されたんだ。ばかな会合だよ。ナンセンス!
」と記者に発言されています。

鳩山総理の今回の発言は尖閣諸島が主権未確定の領土であると認めた事になりかねません。
中共がこの発言を言質に尖閣諸島の領有について交渉を求めてくる可能性もあります。

この様な事を平気で垂れ流す、鳩山はルーピーを通り越し既に○○○○といわざるを得ません。
仮に民主党が政権与党であり続けるのならリーダーの精神鑑定をしなければならないでしょう。

とんでもない発言に酷い言葉を使いました事をお許しください。

京都支部 N



産經新聞より
http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100527/tky1005272144009-n1.htm
「こんな総理、かなわんわ…」。27日に東京都千代田区の都道府県会館で 開催された全国知事会議に出席した石原慎太郎知事は、鳩山由紀夫首相の安全保障に関する認識にいらだちを隠さなかった。会議は、米軍普天間飛行場(沖縄県 宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、政府が沖縄の負担軽減策の柱とした訓練の全国分散移転をめぐって開かれたが、鳩山首相は予想に違わずほぼ四面楚歌(そ か)だった。石原知事をいらだたせたのは、意見交換の席上での鳩山首相の発言だった。
石原知事は尖閣諸島防衛での米国の 消極性を例示。その上で
「日本の領土を守らないなら、何のため沖縄に膨大な基地を構えるのか。抑止力を現政府がアメリカに問いたださない限り、訓練分散を 論じる足場がない」と糾弾した。
また、「総理は外国人参政権の問題で、『日本列島は日本人のためだけのものではない』と述べたが衝撃だ」 とも。これに対し、鳩山首相は「日中の間で衝突があったとき、アメリカは安保条約の立場で行動する。しかし(尖閣諸島の)帰属問題は日中当事者同士で議論して結論を出す、と私は理解をしている」と回答した。この言葉に、会議途中で退席した石原知事は怒り心頭の様子を隠さな かった。報道陣に、「日中間で尖閣諸島の帰属を協議しようって、こんなバカをいう総理大臣いるのか? 正式に(米国から)返還されたんだ。ばかな会合だ よ。ナンセンス!」。意見交換ではこのほか、一部訓練の移転先候補の徳之島を抱える鹿児島県の伊藤祐一郎知事が「政府は全く分からない。
今の状況は極めて厳しいと端的に伝えたい」と述べるなど、厳しい意見が相次いだ。鳩山首相は報道陣の問いかけに一瞥(いちべつ)したのみ で無言のまま会場を足早に後にした。
石原知事、鳩山首相が去った後、会議は訓練分散への最終見解をめぐり紛糾。結局、政府から具体案が提 示された際は「協力していく」という当初案を、「真(しん)摯(し)に対応していく」 と弱めた表明に止めることでまとまった。
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 民主党・鳩山政権 - ジャンル : 政治・経済

露外相:「大戦の結果、日本は受け入れを」北方領土問題で
 【モスクワ大前仁】ロシアのラブロフ外相は19日の下院公聴会で、北方領土問題に関して「日本の指導部はあたかも第二次大戦の結果と、それに相応する国連憲章がこれらの島(北方四島)に及んでいないかのような立場を取り続けている。協力関係を進めるための第一歩として、第二次大戦の結果を認めるべきだ」と述べた。

 外相は大戦の結果としてロシアが4島を自国領に組み入れた正当性を主張し、領土交渉で最大限に譲った場合でも、2島(歯舞、色丹両島)の返還を記した1956年の日ソ共同宣言で決着させる考えを示唆した。



ロシア人はいつも勝手なことを言っている。だからまあよしとしよう。

しかし、いつも思うのだが、日本の新聞はロシアの外務大臣がこう述べた。それしか書かない。
大西洋憲章では領土不拡大方針が決められていたこと
日ソ中立宣言を一方的に破って侵攻してきたこと
8月15日を越えても侵略し続けたこ

こういったことを書かない新聞もどうかなと思う。

このように新聞が国民の洗脳をするから、
「北方領土なんか返ってこなくていい」
とかっていう国民が大量生産されていく。

「日本列島は日本人だけのものではない」
という総理大臣が、いつまでも辞めずに居座り続けていく。

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

私どもの理事長より4月に行われました「対馬ミッション」の報告が届いておりました。
更新が遅れましたことをお詫び申し上げます。




 改めまして、おはようございます。ちょっと報告が遅くなりましたが、4月10~11日の土日で、我がNPOとしては、初めての事業である「対馬ミッション」に行って参りました。参加者は、私・磯、芥川副理事長、星崎副理事長、高野副理事長、大野同志、渡辺同志、、それから厚木の山崎くんがオブザーバーで参加してくれました。今回は、初事業ですから多くの皆様にご参加頂きたかったのですが、諸般の事情もあって7人でした。

 私たち関東勢は対馬初上陸なので、見る物全てが驚きでした。(写真1・2・3)明らかな韓国歓迎に、戸惑いもありました。道路標識は、全て日本語と韓国語、行った居酒屋は、日本語より韓国語のほうが多かったです。
 また、細川同志が繋いでくれた地元対馬の青年経済人との交流会、ありがとうございました。私たちが思っていたより韓国人旅行者による経済の影響が垣間見えました。(写真8)
対馬1
写真1

対馬2
写真2

対馬3
写真3

対馬8
写真8


 次の日は、芥川副理事長のおかげで、休みにも関わらず、講演にきて頂けた海上自衛隊「対馬防備隊」の廣野司令一等海佐をはじめ、多くの自衛隊の方々に対馬の歴史、軍備について教えて頂き我々NPO団体として、身が引き締まる思いでした。(写11-1、2)
対馬11-1
写真11-1

対馬11-2
写真11-2


 また、防備隊の隣にある「対馬リゾート」も防備隊の皆様のおかげで、中に入れました。(写真⑬⑭⑮⑯⑰⑱⑲) 今上天皇も訪れたことのある、この場所は以前は、真珠養殖が盛んであったそうですが、お金の都合上韓国人に売ってしまったそうです。そこが、今は韓国人専用のリゾートホテルになっている事は非情に切ない気持ちになりました。
 その後も「元寇合戦場跡地」等(写真⑳)、歴史ある対馬に触れ今回は良い勉強になりました。ただ、このまま韓国人旅行者におんぶにだっこのままでは、対馬の発展は、たいへん申し訳ないが、ないとおもいます。我が日本国が国策で対応していかなければならないと実感しました。
対馬13
対馬14
対馬15
対馬16
対馬17
対馬18
対馬19
写真13-19


対馬20
写真20

理事長 磯和典

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。