上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
オレたちの雑誌、「SAPIO」

その500号記念感謝の2大読者全員プレゼントがすごい!

「櫻井よしこ『着ボイス』」と「『日本領土』待ち受け画像」だ!


オレたちの母の声もうれしいのはもちろん、
日本領土待ち受け画像も大変貴重である。

携帯の待ち受けにセットして、いつでも領土問題のことを考えよう!


早速、書店にGO!


(爆)


SAPIO.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

民主党の渡辺周国民運動委員長が、竹島の日記念式典に出席するそうだ。

渡辺氏は政権交代前は民主党内保守派議員としてならしたが、政権交代後は保守系としての活動は影をひそめてしまった。残念でならない。

ところで、本当に渡辺氏が竹島の日式典に出席できるのかは一つのポイントだろう。反対派によりつぶされることもあろう。

またもう一つのポイントは、政権与党として、式典の場で竹島を取り返す決意としての「挨拶」することが出来るのかということであろう。

出席はしたが、挨拶から逃げるでは、情けなさ過ぎる。韓国へのメッセージが足りないといわざるをえない。


まあ民主党だからダメであろうが、期待しないでおこう。





民主議員、竹島の日式典に初出席 6回目で、領土意識か

 竹島(韓国名・独島)の領有権確立に向け島根県が2月22日に開く「竹島の日」記念式典に、民主党の渡辺周国民運動委員長が同党国会議員として初めて出席を予定していることが26日、県や党島根県連への取材で分かった。

 過去5回の式典に民主党国会議員の出席は一度もなかった。県連代表の小室寿明衆院議員(比例中国)も出席を検討。尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の影響で領土問題への関心が高まる中、竹島問題への対応が後ろ向きとの国内の政権批判をかわす狙いがありそうだが、韓国側の反発も予想される。

 県によると、渡辺氏は竹島教育に関するパネルディスカッションに参加する方向で調整。県は外相、文部科学相らにも式典参加を呼び掛ける。地元選出国会議員らが過去に数回出席している自民党は、昨年に続き党本部から役員が出席する方向で検討している。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。