上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
国際政治の舞台で存在感を高めるロシア
プーチン大統領の“頭の中”を推測する


存在感を高めるロシアはどこへ向かうのか。写真は窮地にあった昨年12月18日に開かれた内外記者会見でのプーチン大統領
Photo:President of Russia
 ロシアはグローバルなアクターとして国際政治の舞台に再登場してきた。

img_aebe3975ea9ae73316345ef379dc669a56587.jpg

 ウクライナへの介入、クリミアの併合に動いたロシアは西側の経済制裁を受け、エネルギー価格下落により打撃を受けた経済の低迷に一層の拍車がかかった。このような背景の中、ロシアは孤立を脱するべく、戦略的巻き返しを図っている。中東ではシリアの空爆に参加し存在感を高めている。プーチン大統領の東方戦略は中央アジアや極東で中国を巻き込み、新たな政治地図を描きつつある。

 果たして、明年春にも予定されると伝えられる安倍首相の訪ロやその後のプーチン大統領の訪日により、北方領土問題は打開されるのだろうか。ロシアの動きは米国との対峙を決定的にし、「新冷戦」と言われる事態を招来する可能性はないか。ロシアは、日露関係は、何処へ行くのだろう。

 戦略家と言われ、国内の支持率も高く、今後10年にもわたり大統領として君臨しそうなプーチン大統領の頭の中にはどのような国家戦略が描かれているのだろうか。大胆に推測してみれば、以下の通りである。

「ソ連邦の崩壊は20世紀最大の悲劇である。ロシアは多くの権益を失った。東欧諸国やバルト三国までEUやNATOに加盟し、西側の国境がロシアに迫ってきた。それだけではなくNATOはミサイル防衛の配備などでロシアの核抑止力の無力化を図っている。戦略の立て直しが必要である。

 欧州への石油ガスの輸出は頭打ちであり、そもそもエネルギー資源の多くはアジア部に存在している。もはや欧州正面にロシアの未来はない。軍事予算を拡大し、ウクライナを中立化させ、黒海艦隊基地のあるクリミアの併合を行い、シリアの軍事基地を保全しNATOの拡大に備えるとともに、東方戦略を実現に移そう。ロシアの極東部の人口はわずか620万人であり、国境を接する東北三省で1億2000万人の人口を擁する中国に、極東の発展で過度に依存することは安全保障面から問題は大きい。

ただ欧米諸国は経済制裁を簡単には解除しないであろうし、エネルギー価格も急速に回復される見通しはない。この際、中国と連携を強化する以外に方法はあるまい。中国とは2004年に国境を画定し、長年懸案であったガス長期供給価格も合意した。従来からロシアの影響下にあった中央アジアについても既に中国の経済的影響力は拡大しているところ、思い切って連携を図ろう。

 とはいえ、やはり日本との関係は、中国への依存をある程度中和し、米国との関係でも牽制材料となりうるので、重要である。懸案の北方領土問題で日本がどの程度妥協の余地があるのか揺さぶり、日本の態度を見極めたうえで、関係改善に大きく踏み出そう」

IS・シリア問題で欧州と関係改善?
トルコによる撃墜事件の誤算

 確かにプーチン大統領の戦略的巻き返しは、パリでの同時テロがもたらした環境変化もあり、成功しているように見受けられる。現在の欧州の最大の課題は、ISテロの再発を防ぐ意味でもシリア難民問題を解決することにある。このためにはIS壊滅の軍事的キャンペーンを成功させるとともに、シリア問題の政治的解決が必須となる。

 ロシアはIS壊滅のため空爆に参加をしたが、同国の目的はIS排除と共にアサド政権を支援することにもある。ロシアにしてみればアサド政権との間の軍事的協力関係、とりわけ空軍基地や海軍基地をシリア内に確保し続けることが、NATOへの抑止力の観点から必要と考えているのだろう。ISへの空爆にしても、ロシアの場合はアサド政権の地上兵力と連携がとられているため、空爆だけのオペレーションに比べれば圧倒的に効果的である。

 ISを撃つという観点から仏などの諸国とは一定の協力関係が成立している一方で、米国はアサドの排除を前提にするだけにロシアとの協調は難しい。さらにオバマ大統領は地上軍の派遣は行わないことを明確にしており、対IS軍事キャンペーンにおいても存在感が薄れつつある。

 また、アサドを支持するという意味でロシアとイランの間には協力関係が強まってきている一方で、サウジやエジプトと米国の関係も従来のような堅固な関係ではなく、中東における政治地図も変わりつつある。

 ただ、ここにきてロシア軍機をトルコが領空違反として撃墜した事件は、プーチン大統領にしてみれば計算違いであったのだろう。欧州と関係改善の方向に向かっているロシアがトルコ問題で水を差されたという意識は強い。

プーチン大統領の東方戦略は、既にかなり長い時間をかけて着々と進められてきている。プーチン大統領は首相職にあった時代を含め頻繁に極東・東シベリアを訪問しており、2012年の大統領年次教書では「発展ベクトルは東にあり」、2013年の年次教書では「21世紀全体を通じての国家プロジェクト」と述べ、極東・東シベリアの開発に力を入れてきた。

 他方、中国への過度の依存を警戒する意識は強く、中国国境を一元的に管理する「東部軍管区」を2010年に創設し、軍事的備えは強化してきている。その対中関係が大きく動いたのは、ウクライナ・クリミア問題でロシアが孤立して以降のことである。2014年5月には中露首脳会談で10年以上まとまらなかった天然ガス供給契約に合意し、2015年は戦勝70周年で中露協調が演出された。

 また、本年5月の中露首脳会談では、ロシアの主導する「ユーラシア経済同盟」と中国の「一帯一路」構想のもとで、中露が連携していくことに合意した。中央アジアでは従来、安全保障面で大きな影響力を持つロシアと経済的な浸透を拡大してきた中国が連携することはあまり想定されていなかったが、ここに来て状況は一変した。このほか中露の間ではAIIB、BRICS銀行、上海協力機構を通じる協力関係も強化されてきている。

 このようなロシアの動きに神経を尖らせているのは米国である。プーチン大統領の対米対抗心は強いが、オバマ大統領の対露警戒心も極めて大きい。ロシアを軍事的存在として見、世界で米国に対抗できる軍事力を持つのは中国ではなく、ロシアであるという米国の意識は強い。

 ロシアの軍事予算は近年拡大の一途をたどっており、2005年比で2015年には5.87倍と、中国の3.64倍(平成27年度『日本の防衛』)を超える拡大ペースとなっている。核戦力ではロシアは米国に匹敵する戦力を持っている。本年3月に放送されたロシア国営テレビのドキュメンタリーで、クリミア併合で核兵器を使う用意があったとの趣旨の発言をしたことも警戒心を一層高める要因となっている。

 このような国際情勢の中で日露関係はどのように推移していくのだろうか。昨今の報道では安倍首相が来春ロシアの地方都市を訪問し、参議院選挙の後にプーチン大統領訪日を実現する検討に入ったと伝えられている。

ロシアにとって日本との関係は、中国や米国との戦略上も重要である。プーチン大統領の支持率は85%にも達し、領土問題でも果敢な決断ができるのかもしれない。ただ常識的には、クリミア併合で支持率の上がった大統領が、日本との領土問題で妥協するとはなかなか考えられない。しかしプーチン大統領は稀代の戦略家と言われ、東方戦略で活路を開くことは重要と考えるのだろう。

 日本にとっては、北方領土問題の長い経緯や世論の動きを考えると、従来の立場(4島の帰属を明確にし、平和条約を締結する。返還の態様は柔軟である)から大きくはずれることも困難があろう。従って、前のめりになるのは避け、ロシア側の態度も見極めたうえで、従来にはなかったような新しい発想で問題解決を図ることが必要なのだろう。

 また、上述した米国の警戒心などを見れば、対ロ制裁に参加している日本が日露関係の促進を図ることが国際社会でどのように受け止められるは想像に難くない。日本の行動には同盟国米国との十分な意思疎通が必要であろう。

 北方領土問題を解決していく上でも、ロシアとの関係を中長期的視野に立って考えていく必要があるのだろう。ロシアが孤立するあまり中国と結び、「新冷戦」に進むことは現段階ではなかなか考えにくい。ロシアには経済的実力はないし、中国も米国と決定的対立を望んでいるとは考えにくいからである。従って、ウクライナ問題が解決に向かえば、制裁が緩和され、欧米との一定の協調関係に戻る可能性はあるし、日露関係も進めていく余地が出てくる。

経済関係では大きな機会がある
ロシアを東アジアでどう位置づけるかも課題

 他方、福島事故以降ロシアに対する日本の石油・天然ガスの依存度は増え、ロシアにとっては極東の開発の必要性も高まっていることから、日露経済関係に関する限り、大きな機会がある。また北極海航路が将来開設されるようなこととなれば、日本の欧州への海運路として大きなコスト減となる。

 ロシアの東方戦略上も、資源のアジアへの輸出だけではなく、経済成長率の高い東アジアとの関係増大が課題なのであろう。

 ロシアは東アジアサミットや北朝鮮核問題6者協議のメンバーでもある。日本は、政治・安全保障・経済にわたって、ロシアが東アジアの中で建設的な役割を果たすよう働きかけていかねばならない。

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]

スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
杉原通信「郷土の歴史から学ぶ竹島問題」

第7回松島がリァンクール(リャンコ)島に

これまでお話ししてきましたように、江戸時代日本では現在の鬱陵島を「竹島」、現在の竹島を「松島」と呼んでいました。それが幕末から明治初期にかけて鬱陵島が「松島」、「松島」が「リァンクール(リャンコ)島」と呼び名に変化が生じました。そのきっかけは、コロンブス、マゼラン等によって開幕した大航海時代によってアジア、アメリカ、ヨーロッパが認識上急速に接近したこと、船が帆船から蒸気船へと変化しその機動性が倍増したこと、水産業の面で捕鯨が広い海域で実施されるようになり、遠洋では現地で燃料の薪や水の補給をする必要が生まれたこと等です。
そうした情勢の中で、日本海にも外国船が姿を見せることになります。まず天明7(1787)年フランス海軍の船が鬱陵島の近くを航行し、最初に島を望見した人物の名前をとって鬱陵島を「ダジュレー島」と命名して去りました。続いて寛政元(1789)年イギリス船アルゴノート号も鬱陵島を発見し、船名を島の名としました。同じ一つの島でしたが両国が測定した緯度、経度に相違があったために、ヨーロッパの海図には朝鮮に近い西側にアルゴノート島、東側にダジュレー島と二つの別の島として描かれようになりました。

この日本海の二つの島に新しい反応を示したのが、ドイツ人シーボルトでした。彼は文政6(1823)年に来日し、長崎で商館の医師の仕事に従事しますが、長崎市外の鳴滝に屋敷を与えられ日本人の治療や医術教育に励み、高野長英等多くの日本人門下生を育てました。また、彼は日本の自然および人文科学上の研究も命じられており、100人を超すと言われる日本人の友達や門下生の協力で膨大な資料を入手しました。帰国の時期がせまった文政11(1828)年、門外不出とされる伊能図等多数の日本地図を幕府天文方高橋作左衛門がシーボルトに贈ったことが発覚し、作左衛門は逮捕され牢獄で死にました。シーボルトも約1年出島で軟禁され、文政12年国外追放の形で長崎を去りました。(その後シーボルトはのちオランダ商事会社の顧問として再来日しています)。文政12年オランダのライデン市で帰国後の生活を開始した彼は当時の日本に関する知識の最高の集大成といわれる『日本』の執筆にかかりました。注目は附図「日本図」です。彼は当時ヨ-ロッパに流布している海図のアルゴノート島を、日本でいう「竹島」(実際にはローマ字でたかしまと誤記しています)に、「ダジュレー島」を「松島」に符合すると考えて記載しました。ダジュレー島は緯度、経度から鬱陵島の位置と重なりますが、その西のアルゴノート島やシーボルトに竹島とされた島は架空の海上に位置することになりました。なお長崎歴史文化博物館の「日本図」を測定させてもらったところ、縦63センチ、横83センチで1840年制作とありました。

さて、それからまもなくの嘉永2(1849)年、隠岐島の周辺に数多くの外国船が姿を見せました。あの有名なペリーが浦賀に4隻の蒸気船で現れる直前のことでした。隠岐へはこの年の2月18日、現在の西ノ島町三度(みたび)へ大型外国船が現れ、16人の者が上陸しました。2月22日には現在の隠岐の島町沖へ2隻の異国船が現れ、さらに3月になると次々新しい船が姿を見せました。江戸幕府から預かり地として隠岐国支配を命じられていた松江藩は藩士を出動させ、大砲を隠岐に運んで警備を固めました。
この嘉永2年現在の竹島に上陸した船がありました。フランスの捕鯨船リァンクール号です。彼等はこの島を無人島あるいは一つの岩礁と認識し、リァンクール島、リァンクール・ロックと名付けて去り、まもなくヨーロッパの海図にはアルゴノート島、ダジュレー島と共にその名が登場するようになりました。なお現在の竹島へはロシア船、イギリス船も上陸しそれぞれ別の島名をつけた事実もありますが、歴史的意義は少ないので省略します。またこの時期のヨーロッパの海図や地図は日本へももたらされ、勝海舟が監修した「大日本国沿海略図」(慶応3(1867)年)には、朝鮮半島から隠岐島の間に西からアルゴノート島、ダジュレー島、リァンクール島が描かれています。

しかし、問題は架空の場所に記載されたアルゴノート島、別名竹島です。1854年鬱陵島とその周辺をくわしく調査したロシアの軍艦パルラダ号はアルゴノート島(竹島)は存在しないと報告しました。その結果ヨーロッパの海図や地図はその場所を点線で示したり、「現存せず」とした後、もまなく記載しなくなりました。日本では明治13(1880)年軍艦「天城」が調査し、鬱陵島を松島、その北東にある小島を竹島と報告しますが、日本海軍が長期間かけて調査して作成した「朝鮮全岸」という海図は、松島とリァンクール島のみを記載しています。

その後現在の竹島はリァンクール島の呼び名が定着していきましたが、呼び方が短く訛(なま)ってリャンコ島とされることもありました。明治37(1904)年日本政府に同島の「領土編入並びに貸下願」を提出した中井養三郎はその文面に「朝鮮鬱陵島ノ東南五十五浬ノ絶海ニ俗ニりやんこ島ト称スル無人島有之候」と書いています。現在の隠岐の島町の古老の皆さんと竹島のことを話しあう時、「リャンコ島、リァンコ島」という発言はしばしば聞くことがあります。

さて、中井養三郎の願出を受けた政府は検討のため島根県にも打診をし、島根県は隠岐の行政を管轄する隠岐支庁島司の東文輔に所管の可能性、島の名称等の意見を求めました。東文輔は「右ハ我領土ニ編入ノ上隠岐島ノ所管ニ属セラルルモ何等差支無之、其名称ハ竹島ヲ適当ト存候」と述べ、竹島とすべき理由に江戸時代の竹島、松島が鬱陵島が竹島から松島に呼称が変わり存在するのに、誤称により消えた竹島の名をリァンクール(リャンコ)島にあてるべきと主張したのです。この回答は島根県から政府に伝えられ、明治38(1905)年2月内務省の訓令の形で現在の竹島が島根県の所属と島の呼称が正式に竹島となったのです。江戸時代の松島からリァンクール(リァンコ)島の呼び方をへて現在の竹島になる島名の変遷の歴史を理解いただいたでしょうか。

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
尖閣の海保増強に78億円 那覇へ新型機配備
2015年12月25日 10:11 注目 尖閣諸島 政治 海上保安庁

 国土交通省は2016年度の海上保安庁関係予算案で、石垣市の尖閣諸島周辺海域の海上保安体制の増強で78億4千万円を盛り込んだ。不法行為に対応する24時間監視体制を構築するため、19年度までに新型ジェット機3機を那覇航空基地に配備する予定。

 外国漁船の違法操業に対応する小型巡視船は、宮古島市の伊良部島に17年度までに6隻を増強。将来的には9隻に増やしたい考え。拠点施設も整備する。
20151225_0416_S8cmCiW1_r.jpg

 尖閣警備などに要する巡視船の燃料費も確保。専従体制の確立に向け、石垣港の拠点機能強化へ宿舎の整備も盛り込んだ。

 尖閣などの関連では15年度補正予算でも255億円を計上している。

 日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」

日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/

日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory

Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
北方領土 露の分与法案、越年 来年5月施行 地元優先盛り込み 産経ニュース / 2015年12月25日 8時7分

 【モスクワ=遠藤良介】ロシア政府が、不法占拠する日本の北方領土を含め、極東の遊休地を自国民に無償分与する法案を準備している問題で、この法案は23日に閉会した下院の秋会期を通過せず、越年することが確定した。
img_9555d47fc251342e9fefff6f2eafa89b124961.jpg

 法案はすでに下院の第1読会(本会議)で可決されたが、土地分与では地元住民を優先するといった修正を盛り込むため、最終的な採決は持ち越された。政府は来年5月の新法施行を予定している。

 法案は、極東への移住促進や地域振興を目的に、国や自治体に属する遊休地を希望者に1ヘクタールずつ分与する内容。選定できる区画は、近隣居住区が人口5万人以上であれば最低10キロ、人口30万人以上であれば20キロ離れた場所とされる。露政府は、極東連邦管区が事実上管轄する北方四島にも適用する方針で、新法が成立すれば北方領土返還交渉が複雑化するのは必至だ。

 露政府は当初、来年1月からの制度運用を計画したが、地元住民が区画を優先的に選択できるとする修正を法案に加え、土地取得希望者への特恵的な住宅ローン制度を合わせて準備することにした。露下院では通常、3度の読会で法案が採決され、上院へ送られる

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
中国海洋調査船
日本EEZで活動急増 軍事・経済目的か

毎日新聞2015年12月16日 16時00分(最終更新 12月16日 16時02分)

久米島沖で活動していた中国の海洋調査船=2015年11月17日(海上保安庁提供)

 日本の排他的経済水域(EEZ)で、中国の海洋調査船が今年、日中両国間の取り決めに反して実施した調査活動が15日までに22回に達し、昨年1年間の9回から急増していることが海上保安庁への取材で分かった。大半は東シナ海での活動で、専門家は「潜水艦の航路調査と海底資源調査の両方の目的がある」とみている。

 日中両国が2001年に合意した取り決めでは、中国が日本のEEZで海洋調査を実施する場合、実施日の2カ月前までに調査する海域や時期などを日本側に通報することになっている。中国側が取り決めに反して調査を実施した場合は、海上保安庁の巡視船が調査の中止を求めている。

 海上保安庁によると、中国の海洋調査船は今年に入り、事前の通報なしでの調査や通報と異なる海域での調査を計22回実施した。過去には11年に8回、12年に3回、13年に7回、14年に9回の取り決めに反した調査を確認しているが、今年は昨年の2倍以上に急増している。

 22回の大半は東シナ海での活動で、沖縄県の尖閣諸島周辺や久米島の北西沖が目立つ。ワイヤやロープでつないだ筒状のものを海中に投げ込んでいる。海保の巡視船が中止を求めるが、応じないケースもあるという。

 東シナ海は日中のEEZが重なるため、日本は両国の海岸線から等距離の中間線を境界と主張しているが、中国は沖縄近海の海溝「沖縄トラフ」までだと主張し、境界は画定していない。

 そのほか、沖縄の南東方向でも調査船の活動が確認された。
images_20151217165121ff5.jpg

 海洋政策に詳しい山田吉彦・東海大教授は「調査船は海流や水深、海底の地形を調べて潜水艦の航路探しに活用している可能性がある。併せて海底資源のサンプル調査も実施しているはずだ」と推測している。【内橋寿明】

排他的経済水域(EEZ)

 国連海洋法条約で沿岸国の経済的な主権が及ぶと定められた海域で、沿岸から200カイリ(約370キロ)の範囲。沿岸国はEEZ内の水産・鉱物資源の探査や開発の権利が得られる。

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」

日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
<プーチン大統領来日>7月参院選後で調整 首相訪露も検討
毎日新聞 12月11日(金)10時30分配信

 日露両政府はプーチン大統領の来日時期を来年7月の参院選後とする調整に入った。ウクライナ問題が進展しないなかで、来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)前の来日は、米欧などの懸念を招く可能性があり、困難と判断した。首脳間の対話継続は重視し、来春にも安倍晋三首相がロシアの地方都市を訪問する検討も始めた。日露外交筋が明らかにした。

 ウクライナ問題は解決の糸口が見いだせておらず、ロシアと米欧との関係は悪化したままだ。日本はサミット議長国として、米欧の参加国が日露接近に懸念を抱くことに配慮し、サミット前の来日は見送る。

 日本側はプーチン氏来日時には、北方領土問題をめぐる何らかの成果が必要との立場だが、交渉は難航している。具体的な成果が見通せないなかでは、参院選後に行うことが得策と判断したとみられる。

 ロシア側にとっても主要8カ国(G8)首脳会議から締め出された経緯があり、日本政府関係者は「G7各国を迎えるサミット開催前の時期の来日は望まないだろう」とみている。

 一方で、日本側は「領土問題を動かせるのは両首脳しかない」(外務省幹部)として、首脳間の対話を途切れなく行う必要性も認識している。ロシアのペスコフ大統領報道官は11月の首脳会談で、プーチン氏が安倍首相に訪露を求めたことを明らかにしている。

 外交筋によると、ロシア側は首都モスクワ以外の地方都市での首脳会談開催を打診し、安倍首相訪露の検討を進めている。地方都市であれば非公式訪問となり、成果の有無が問われないとの事情があるとみられる。ウラジオストクやハバロフスク、サンクトペテルブルクなどが候補地として挙がっており、日帰り案も浮上している。

 プーチン氏来日に先立ち、ラブロフ外相来日も検討しているほか、1~2月には外務次官級協議が東京都内で開催される見通しだ。

 両首脳は11月にトルコで行った会談で、プーチン氏来日について「最も適切な時期」に行うことを確認し、年内来日を先送りした。【大前仁、高橋恵子】

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
択捉島に大型複合施設 温水プールやホールも ロシア、実効支配を誇示 北海道新聞 12月12日(土)17時49分配信

温水プールなどを備える択捉島の大型複合施設(地元関係者提供)
 【ユジノサハリンスク栗田直樹】北方領土・択捉島に行政や文化・スポーツ施設の機能を集約した大型複合施設が建設され、20日にオープンする予定だ。総床面積は約1万平方メートルで、島内にある建物の中で最大規模とみられる。島を事実上管轄するクリール地区行政府が入るほか、島で初の温水プールなども備える。
20151212-00010003-doshin-000-2-view.jpg

 北方四島などを開発するクリール社会経済発展計画(2007~15年)の一環で、択捉島の最大企業ギドロストロイが13年から、択捉島最大のまち紗那(しゃな)(クリーリスク)に建設。総工費は約13億ルーブル(約23億円)に上る。昨年開業した同島の新空港に続き、ロシア側が北方領土の実効支配をアピールする象徴的な施設になりそうだ。

 地元通信社などによると、複合施設は鉄筋コンクリート造り地上2階、地下1階建て。長さ25メートルの温水プールやスポーツジム、観客約200人を収容し、映画も上映できるコンサートホールがある。図書館や博物館も移転、入居する。

 ロシアのメディアは、メドベージェフ首相が18日、ウラジオストクで経済関連の会議を開くと報道。複数の閣僚の出席が取り沙汰されている。北方領土で主要施設が完成すると、中央政府の要人が視察を繰り返しており、今回、択捉訪問があるか注視されている。

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
【香港】香港の世界地図で南シナ海はどう描かれているのか?
Global News Asia 12月14日(月)11時0分配信

 2015年12月14日、以前、ドイツや台湾の世界地図を紹介したが、今回は香港の世界地図を検証してみたい。

 この世界地図は、「通用図書」 社の地図で、香港の大手オンライン書店「スーパーブックシティ(超閲網)」 でも購入できるので一般的な地図と見ていいだろう。香港の大型書店で380円ほどで入手した。  
20151214-00000002-gnasia-000-2-view.jpg

 香港は、1997年に中国へ返還されているため地図も中国本土ルールになっており本土発行の世界地図とほぼ同じに描かれている。

 地図を広げてアセアンを眺めてみると、ベトナムやマレーシア、フィリピンなどが接する南シナ海には、中国地図と同様に中国が一方的に主張する「十段線」が描かれている。南沙諸島(地図上は南海諸島)には(中)と書かれており、自国領をアピール。当然ながら台湾は中国本土と同じ色で塗り潰されており、尖閣諸島は釣魚島の名称で(中)と、ここでも領有権を主張している。

 香港は、中国での正式名称である「香港特別行政区」となっている。

 通用図書の世界地図の全体的な傾向としては、海岸線が不明瞭で、半島や島の形状が大雑把だ。北海道や四国もかなり適当に描かれている。

 さて、その日本周辺を検証してみると、日本海の呼称は単独表記。北方領土は日本領土として塗られている。竹島は記載なし。北朝鮮は朝鮮、韓国は韓国と表記するなどこれらは中国本土と同じだ。

 本土の地図との違いを北方領土で見つけることができる。国境線や色分け上は日本領としているが、島名の隣にロシア占領と実効支配されていることが書き添えられている。たとえば、択捉島(ロ占)と表記されている。

 さらによく観察すると南シナ海の十段線の太さは、本土の地図よりも若干細い印象を受けるなど、この地図における南シナ海や南沙諸島のアピールは中国本土ほどゴリ押し感はなく、中国ルールには従っているが、アセアン諸国との関係を考慮してか控えめなアピールに留めているのかもしれない。

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
杉原通信「郷土の歴史から学ぶ竹島問題」

第6回渡海禁止後の竹島(鬱陵島)

元禄6(1693)年に安竜福、朴於屯が鳥取藩へ連行された後、江戸幕府は対馬藩に命じて、3年にわたる竹島に関する外交交渉を朝鮮王国と行わせました。その交渉が難航していることを、対馬藩の元藩主、宗義真(そうよしざね)から報告された幕府は、鳥取藩や松江藩に竹島との所属関係の有無等を確認したうえで、元禄9年正月28日竹島渡海禁止を決定しました。対馬藩の宗義真は江戸城で全老中が見守るなか、渡海禁止決定の奉書を受け取り、鳥取藩の江戸留守居吉田平馬は老中の一人である戸田山城守宅に呼び出され、同日奉書を受け取っています。

鳥取藩はすぐ渡海許可書の本書を地元から届けさせ、2月9日幕府に提出しています。この年の5月、元禄6年に連行された安竜福が仲間10人と再び隠岐に姿を現し、6月には鳥取藩内へ姿を現しました。帰国後安竜福が語った内容が、朝鮮の『粛宗実録』に記載されていますが、そこには竹島、松島で漁をしていた日本の漁師たちを追いかけながら来日したとあります。すでにこの年の初め、幕府が渡海を禁止し、鳥取藩も渡海許可書の本書を幕府へ返納した中で、5月に日本人が竹島、松島で漁をしていたことは考えられず、『「竹島問題に関する調査研究」最終報告書』に載る鳥取県立博物館の鳥取藩政史料の精査でも竹島渡海に関する古文書は見つかっておりません。

さて、渡海禁止が命じられて以降の竹島渡海はどうなったでしょうか。禁止後作成された数種の隠岐国絵図では、福浦(現在の島根県隠岐の島町)部分に、「竹島への渡海、この湊で風待ちをする」という記載があるものがあります。禁止以前の70年余大谷、村川家に雇われて毎年8、9人の隠岐の住民が竹島渡海を経験していたとすれば、その後も熟知した海路を、竹島まではともかく松島(現在の竹島)あたりまで出漁した可能性はありますが、今のところ確認できる史料はありません。日朝交流史研究の碩学森克巳氏が1950年『史淵』45号(九州大学史学会)に掲載された論文「近世に於ける対鮮貿易と対馬藩」に「対馬藩自ら密貿易の取り締まりに当ったが、また同時に幕府の力も借りていた。享保の頃、松江藩の人々が対馬より竹島へ渡航したのを幕府が禁止していることなどその一例である」としていますが、論拠とされる「長崎県南高来郡神代村鍋島家文書」には、現在のところ該当文書にあたるものが見つかっていません。

天保4(1833)年、浜田の八右衛門なる人物が自分の持ち船で竹島、松島近くを通って越後方面へ物資を運搬する間に、竹島の豊かな物産に心を動かされました。浜田藩家老岡田頼母(おかだたのも)等に藩財政救済をめざす行動として松島への渡海と偽って竹島への上陸を決行しました。隠岐からの出発で、従来は天保4年一度の行為と考えられていましたが、海士(現在の島根県隠岐郡海士町)の渡部円太夫なる人物が天保4、5、6年隠岐に八右衛門が来たと書いていますので複数回の竹島渡海が推測されます。八右衛門の行動はまもなく露見するところとなり、天保7年大坂奉行所に逮捕され尋問されることになりました。地元の浜田藩では証拠隠滅と自分の責任を痛感した家老岡田頼母等が切腹し、関係者が次々逮捕され、八右衛門も江戸へ移され厳しい取り調べの後処刑されました。最終的な責任は浜田藩主松平周防守家にもおよび、浜田から棚倉(たなくら、現在の福島県)にお国替えとなりました。この一連の出来事を「天保竹島一件」といいます。

八右衛門が逮捕され尋問を受けている天保7年6月ごろ、山陰地方の石見路を旅して宿屋の主人から竹島の話を聞いたり、益田の高角神社(たかつのじんじゃ、柿本人麿神社)に詣でた19歳の青年がいました。伊勢国の須川村(すがわむら、現在の三重県松阪市)出身の松浦武四郎です。武四郎は日本の人口3000万人の時に500万人が伊勢神宮に参拝したという「文政のおかげ参り」の時代、伊勢街道で幼少期を過ごし日本全国に関心をもちました。津藩の学者平松樂斎(ひらまつらくさい)の私塾で3年間学び学問的視野を広げた後、16歳の時全国へ遊学に旅立っています。武四郎はその後特に北海道の各地を歩き、数多くのアイヌ人の生活等北海道事情を報告し続けました。彼は一方でロシアの進出等北方の領土にも関心を持っていました。

その武四郎が愕然としたのが、天保11(1840)年イギリスが中国の清王朝にアヘン戦争と呼ばれる武力行使を行い、香港を奪い、広州等5つの港を開港させたことです。イギリスのさらなる東方進出を考えて彼は憂慮しました。「去夏外国船(墨夷赤狄)東西に滞船し、国事が杞憂すべき状態にある」、「竹島は朝鮮と我が国の間にあり、人が居住していないのでここに外国船が集まり、山陰の諸港に出没すればその害は少なくない」、「蝦夷、樺太、伊豆七島等に比して、竹島はあまりにも知られていない」と、竹島の存在に注目する記述しています。そして安政元(1854)年に『他計甚麼雑誌』、元治2(1864)年『多気甚麼雑誌』、明治3(1870)年『竹島雑誌』と、雑誌名を活字の上で変えながら竹島に関する啓蒙を目的とする冊子を作り、知識人や志士に配布しました。武四郎は志士が竹島に渡り、平時には島を開墾し有事の時は日本の最前線を守ること、また「日本の有志の士がかの地に渡り、外国船と誠信を通じ、世界の情勢を探知すれば得策となることこの上ない」とも考えていました。武四郎は多くの友人を持ちましたが、そのひとりに吉田松陰がいました。吉田松陰が残した書簡には武四郎の竹島開拓論に賛同すると記したものがあります。松陰の影響で長州藩萩城下の松下村塾でも安政5(1858)年には、竹島について議論が始まっています。そして万延元(1860)年、松下村塾で学んだ桂小五郎(木戸孝允)、村田蔵六(大村益次郎)は連名で長州藩主に「長門国萩より東北に当たり竹島あり」の書き出しで始まる「鬱陵島開拓に関する建言書」を提出しました。しかし外国との和親条約や通商条約が結ばれた激動の幕末から明治維新期に松浦武四郎が提案し、長州藩士が企図した竹島開拓は実現しませんでした。この海域への関心を持ち続けながら武四郎は明治21(1888)年71歳でこの世を去りました。

松浦武四郎が制作した3種類の「竹島雑誌」には引用文献が掲載されていますが、代表となる文献は松江藩の学者金森建策の『竹島図説』です。金森建策は備中出身で、西洋の事柄に精通した学者でしたが、松江藩士の経歴や業績を記す「列士録」によると蘭学教授御用として松江藩に仕えました。嘉永2(1849)年隠岐の周辺に数多くの外国船が姿を見せました。嘉永6年(1853)年ペリーが浦賀に出現する直前のことです。松江藩は隠岐へ大砲や藩士を配置して警備にあたりました。

この緊迫した時、建策は藩主松平斉貴(まつだいらなりたけ)に竹島の図一枚とその説明書である『竹島図説』を提出しました。竹島(鬱陵島)の図は原図に近いものが国立公文書館と米子市立山陰歴史館にあります。この竹島の図について、建策は『竹島図説』の序文に自分が作って藩主に提出したと書いています。ところが図に書き込まれている地勢等の説明文は14年前処刑された浜田の八右衛門が書いた竹島の図の書き込みと全く同じであることがわかりました。犯罪者で処刑された八右衛門の竹島の図は、八右衛門の名ではこの世に陽の目を見ることは出来ないと考えた建策が自分の名の下で後世に伝えてやったのだと私は考えています。松浦武四郎も3種類の竹島雑誌にそれぞれ竹島の図を載せています。彼は金森建策の竹島の図を引用していますから、書き込みは八右衛門のものに遡ります。

竹島渡海が禁止された後、竹島に関心を持った八右衛門、金森建策、松浦武四郎については史料が少ないので研究が遅れており、今後の史料発掘と研究の発展が待たれます。

(主な参考文献)
・森須和男『八右衛門とその時代-今津屋八右衛門の竹嶋一件と近世海運-』石見学ブックレット3浜田市教育委員会2002年
・矢富巖夫「浜田藩竹島事件」『歴史読本スペシャル(特集御家騒動)』1989年2月特別増刊号新人物往来社
・岸本覚「幕末海防論と『境界』意識」『江戸の思想』9号ぺりかん社1998年
・杉原隆「八右衛門、金森建策、松浦武四郎の「竹嶋之図」について」『「竹島問題に関する調査研究」最終報告書』竹島問題研究会島根県2007年
・『松浦武四郎全集』松浦武四郎伝刊行会1967年
・山本命『北海道名付け親松浦武四郎』(シリーズ十樂選よむゼミ14号)伊勢の國・松坂十樂2007年
・『松浦武四郎記念館図録』松浦武四郎記念館
・『吉田松陰全集』山口県教育会編纂大和書房
・『竹島関係文書集成』(国立公文書館内閣文庫所蔵「外交記録」)エムティ出版1996年
渡海制禁達書

図1竹島渡海禁制の達書元禄9年正月28日米子市立山陰歴史館
浜田市図(森須図)
6-1.jpg

図2渡海して逮捕された八右衛門が尋問中に書いた方角図
〔右図:朝鮮竹嶋渡航始末記島根県浜田市立図書館所蔵〕〔左図:右図を元に森須和男氏が作製した方角図『石見学ブックレット3八右衛門とその時代』浜田市教育委員会2002年〕
6-4.jpg

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ
 

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
第5回隠岐と竹島

すでにお話しましたように、米子の町人大谷九右衛門と村川市兵衛は幕府から竹島(鬱陵島)渡海の許可をもらい、隠岐経由で竹島や、しばらくして発見した松島(現在の竹島)に毎年交代で70年余りの間出かけ、木材やアシカ、あわび等を持ち帰りました。今回はその時の中継地「隠岐」のことについてお話したいと思います。
島根県美保関の外港雲津(くもず)で竹島(鬱陵島)へ渡航の準備と風待ちをした大谷、村川船は、まず隠岐諸島の内で島前(どうぜん)と呼ばれる海域である西ノ島を目指しました。この島には海の安全を司る神が鎮座する焼火神社(たくひじんじゃ)があったからです。風を頼りにする木造の帆船による竹島渡海は危険なことも多く,信仰による救済を求める気持ちは船乗り全員に共通するものがありました。また村川市兵衛船が大海を漂流した時、船員が焼火山の神に救いを求めたところ、漁火(いさりび)に導かれて入り江に着岸出来たことがあり、焼火山への信仰はますます厚くなったと、1667(寛文7)年松江藩士斎藤豊仙が隠岐を巡回しその聞をまとめて藩に提出した『隠州視聴合紀』(いんしゅうしちょうごうき・父親の斎藤豊宣が書いたという説もあります)の「知夫郡焼火山縁起」(ちぶぐんたくひさんえんぎ)に書かれています。
焼火神社に参拝をすませた人たちは再び船に乗り、今度は島後(どうご)地区の五箇(ごか・現在の隠岐の島町)にある福浦を目指しました。江戸時代の隠岐を描いた「隠岐国絵図」の多くには「此港舟懸吉、竹島へ之舟此港ニ而天気見合申候(この港、舟ががりよし、竹島への舟この港にて天気見合わせ申し候)」と、福浦で風と天気をみて出発するとしています。風待ちの期間はその時々で違うでしょうが、鳥取藩士岡嶋正義が1828(文政11)年書いた「竹島考」には、1666(寛文6)年大谷九右衛門船が米子を同年2月3日に出発し、隠岐に2月13日着いた後4月6日に竹島に向かった事例を記載しています。竹島行きの船は21人乗りで1艘か2艘でしたが、そのうち8人か9人は隠岐で雇われていました。前記の大谷船は帰国時暴風に遭い朝鮮へ漂着し対馬経由で米子に帰り、帰国者の名と所属の旦那寺を書いた古文書がありますが、隠岐の人は浄土寺を旦那寺とする太郎右衛門、小作、五郎作、五助、彦七と、万泉寺の作助、次郎左衛門、甚七、九郎助の9人で、すべて五箇地区の人です。浄土寺は現存しますが万泉寺は現在廃寺になっています。元禄時代雇われてたびたび竹島に渡った五箇の漁師に板屋(いたや)という屋号の者がおり、彼が語った体験談をのち出雲大社の神官矢田高当(やだたかまさ)が「長生竹島記」(ちょうせいたけしまき)という書に記しています。板屋という屋号は現在五箇の久見(くみ)に居住される八幡(やわた)家の本家と同じです。もし江戸時代の板屋が現在の板屋につながるなら、昭和初期に現在の竹島へ渡り当時の竹島の地図や日記を残した八幡伊三郎さんや、李承晩ライン設定後2年目に島根県の依頼を受け、久見漁協関係者11人で竹島周辺で漁をした八幡尚義さん、竹島関係の資料を整理し隠岐の島町の子供たちに竹島は日本の固有の領土であることを教えておられる八幡昭三さん等八幡一族の皆さんは、板屋を名乗る漁師の末裔の可能性もあります。この板屋は安竜福、朴於屯を日本に連行した1693(元禄6)年の大谷船にも乗っていました。また板屋を名乗る漁師や大谷船の総括船頭の黒兵衛等が、竹島丸と名付けた船で安竜福、朴於屯を福浦に連行した時、彼らが帰国の途中で松島(現在の竹島)に立ち寄ったかどうかは、朝鮮人が17世紀松島の存在を知ったか否かという重要な問題に係わります。しかし目下その事について明白にする資料は見つかっていません。この元禄6年の事件については、3月16日福浦を出発、翌17日に竹島到着、18日竹島出船、20日福浦に帰着、23日米子に向けて福浦出航、島前や出雲の長浜を経由で米子に帰ったと記す船頭黒兵衛と平兵衛の連名の口上書が残っております。
また、「長生竹島記」によると、板屋の女房等の福浦の女たちが異国人を無理やり連行した漁師たちを叱責し安竜福等を丁重に扱ってやったことや、安竜福は日本語が話せたたので現在の五箇にあった南方村の庄屋九右衛門、北方村の庄屋甚八等は彼と会話しその内容を隠岐全体を総括していた郡代の田邊甚九郎や島後の代官三好平左衛門に報告した記録も残っています。1696(元禄9)年安竜福は仲間10人と鳥取藩へ訴訟に行く途中で再び隠岐に現れました。荒れている海の中で上陸したのは大久(おおく)のかよい浦でした。大久の斎藤家文書(現在島根県立図書館に寄託されています)の中に、かよい浦の位置を示す「大久湊図」があります。大久村の庄屋與次右衛門や代官所から派遣された役人高梨杢左衛門、河嶋理大夫は彼らを丁重に扱いました。特に安竜福等の船に米が3合しかないことを知ると、隠岐はこの頃凶作の年が続いていたにもかかわらず大久村では白米4升5合を集めて提供しましたし、少し遅れて郡代からは1斗2升3合の米が届きました。まもなく安竜福等は隠岐を出発し鳥取藩へ向いました。鳥取ではまず伯耆(ほうき・現在の鳥取県西部)の赤崎灘に着き、ついで因幡(いなば・現在の鳥取県東部)の長尾鼻で鳥取藩の出迎え船に出会ったので上陸し、青谷専念寺で鳥取藩の儒家辻晩庵と筆談しましたが、来訪の趣旨が判明せず鳥取の城下の会所に移されました。その後幕府からの指令で追放が決定し、湖山池の青島へ移された後、近くの賀露(かろ)港から乗ってきた船で帰国せざるを得ませんでした。彼等は帰国の途中で再び隠岐に立ち寄った可能性があります。「長生竹島記」に隠岐の西村という港に朝鮮の船が現れ「福浦はどちらの方向か」と尋ねたとあります。数年前安竜福と朴於屯が連行された時彼らを見た人がおり、「あれは安竜福だ」と叫んだので騒ぎとなり、船が福浦に着くとさらに多くの人たちが「安竜福だ、この前親切にしてやったのでお礼に来たのだ」と涙を流して再会を喜んだとあります。
元禄6年に連行された2人は帰りは長崎、対馬経由であったことは明白ですし、元禄9年に来た時は大久以外上陸していませんので、西村、福浦の人たちが安竜福と再会したとすれば元禄9年の帰国時以外考えられないことになります。
その後隠岐と竹島、松島に関係する出来事としては、すでに日本人の竹島(鬱陵島)渡海が禁止されていた天保期に、浜田の船乗り八右衛門が隠岐の海士(あま)に来て1833(天保4)年、1834年、1835年と3回竹島に渡り、木材を持ち帰りそのことが発覚して1836(天保7)年逮捕、処刑されたことを海士の大庄屋渡部助蔵の一族と考えられる渡部円大夫なる人物が記すとともに、八右衛門から写させてもらったという竹島の図を残しています。平成18年11月竹島問題研究会の皆さんと鬱陵島調査に行った時、私は八右衛門の竹島の図を持参しましたが島の形状や方角等実に正確で驚嘆しました。八右衛門が処刑された14年後の嘉永2年隠岐の周辺に外国船が数多く現れました。隠岐を幕府から預かっていた松江藩は大砲を島に運ぶ等して警備を強めましたし、松江藩士金森建策はこの周辺の事情を藩主斉貴(なりたけ)に竹島の図とその説明書「竹島図説」で報告しました。今回詳細に検討したところ周辺の書き込み等も八右衛門の竹島の図と同じことから金森建策は八右衛門のものを利用したことがわかりました。この嘉永2年隠岐周辺に現れた外国船の中にフランスの捕鯨船リャンクール号という船があり、その乗組員は当時の松島、現在の竹島に上陸し無人島と考え、この島を「リャンクール島」と名ずけて去りました。まもなく西洋の海図に現在の竹島がリャンクール島、突き出されるように鬱陵島が松島、その先の架空の場所に竹島が描かれるようになり、明治初期の島名に混乱を生じることになりますがこのことはまたの機会にお話ししましょう。
焼火(たくひ)神社
焼火(たくひ)神社[島根県隠岐郡西ノ島町]

(主な参考文献)
「隠州視聴合紀」※池内敏氏の研究によると島根県立図書館所蔵本、島根大学所蔵本、村上助九郎氏所蔵本等内容を一部異にする写本が24種類見つかっているという。
「長生竹島記」(写本)島根県立図書館所蔵
森須和男『八右衛門とその時代−今津屋八右衛門の竹嶋一件と近世海運−』石見学ブックレット3浜田市教育委員会2002年発行※最新の研究成果や渡部円大夫が写した竹島の図の記載等から、従来呼ばれていた「会」津屋(あいずや)ではなく、「今」津屋(いまづや)が正しいとされるようになっている。5-1.jpg
日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!


 島根県隠岐の島町で郷土の民話を研究する保育士グループが、戦前の竹島(隠岐の島町、韓国名・独島(トクト))でのメチ(ニホンアシカ)猟や集落の様子を描いた絵本「メチのいた島」(杉原由美子さん原作、山陰中央新報社刊)を幼児向けの演劇に再構成した。11月29日に町内のイベントで初披露して好評だったことから、島内の保育園で巡回上演を目指している。

 演劇に仕立てたのは町内の保育士が加入する町保育研究会(111人)の民話部会。杉原さん(72)=隠岐の島町久見=が精力的に町内の小中学校で読み聞かせしているのを知り、民話として伝えるのにふさわしい題材だと着目した。

 杉原さんから話を聞き、絵本の舞台の久見地区を歩いてイメージを膨らませ、9月から製作と練習に取り組んできた。

 演劇は、絵本を幼児に分かりやすく抜粋してスクリーンに投影。画像に合わせて竹島周辺にいた大きなアワビやワカメを実物大の絵で紹介し、メチと少年の交流をペープサート(紙人形劇)で動きを付けて表現する。民話部会事務局の斎賀真由美さん(58)は「画像だけでは幼児には難しいので、興味が続くように工夫した」と説明する。
ダウンロード

 同町西町の隠岐島文化会館であった「いきいき祭り」が初舞台となり、来場した子どもや保護者約70人に喜ばれた。駆け付けた杉原さんは「子供たちが一生懸命で見る姿に涙が出た。アワビとワカメの絵を読み聞かせでも借りたい」と感激した様子。

 町保育研究会の吉田輝美会長(63)は「大きなテーマに取り組み、せっかく完成した演劇なので、全会員の集まる総会や町内にある保育園を巡回して披露することができれば」と部会の活動に期待を寄せる。

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
ロシア、北方領土に新たな軍事施設建設
AFPBB News / 2015年12月2日 10時9分

【AFP=時事】ロシアのセルゲイ・ショイグ(Sergei Shoigu)国防相は1日、北方領土(Northern Territories)で新たに2つの近代的な軍事施設の建設を開始したことを明らかにした。
afpbb_3068755_0-enlarge.jpg

 ロシア国防省のウェブサイトによると、同相は軍幹部との会合で、ロシアが択捉(Iturup)島と国後(Kunashir)島で軍事施設の建設を「積極的に推し進めている」と語ったという。

 同省は、新たな軍事施設は「ロシアの極東国境における戦闘即応性強化につながる」としている。この他、学校や保育園、レジャー施設や住宅など合わせて392のプレハブ建物を冬の間に建設する計画だという。
【翻訳編集】AFPBB News

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」

日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
「艦船派遣し、日本船団に立ち向かえ」 シー・シェパードNZ支部代表、海軍に要請
産経ニュース / 2015年12月1日 12時27分
シー・シェパード 捕鯨 ニュージーランド

66b42ca4.jpg

 南極海で日本が調査捕鯨を再開することに反捕鯨国で批判が高まる中、反捕鯨団体シー・シェパードのニュージーランド支部長は、ニュージーランド海軍に対して、フリゲート艦を派遣し、日本船団に立ち向かうよう呼び掛けた。1日までに、ニュージーランドメディアが伝えた。

 支部長は「シー・シェパードは調査船団を阻むため、南極海にいることになるだろう」と伝えた。

 SSは昨年に続き、南極海で密漁キャンペーンを行うことを宣言、オーストラリアに停泊中の抗議船を派遣する予定だ。しかし、SSの動向に詳しい日本政府関係者によると、SSは今年、多くの抗議船を拠点である欧州やトルコに停泊させており、1隻か2隻の態勢で妨害活動を行うことになると指摘した。

 「南極海の広大な海洋で、調査船団を発見することは難しい。補給の問題もあり、かつてのように長期間、捕鯨船を追跡したり、体当たり攻撃したりすることは不可能ではないか」と分析している。(佐々木正明)

日本領土領海戦略会議とは?
「二〇〇八年度 日本青年会議所 領土・領海問題委員会メンバーが中心となり、更なる領土領海問題に対する国民意識の醸成を目的に設立された内閣府認証NPO法人です。」
日本領土領海戦略会議ホームページ
http://japaneseterritory.com/
日本領土領海戦略会議 Facebook
(※「日本領土領海戦略会議」に、皆さまの「いいね」をお願いします!)
https://www.facebook.com/japaneseterritory
Youtube日本領土領海戦略会議チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC9OybAu31X1gvq1FaFeFZDQ

ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。