5月19日(土)は、竹島問題の我が国第一人者であり、当NPO名誉顧問である、拓殖大学 下條正男教授による講演会が領土・主権展示館主催イベントとして開催されます。
32693351_842030229315533_488144671235637248_n.jpg

・演題:「竹島問題と尖閣諸島の共通点」
    ー日本はいかに立ち向かうべきかー

・日時:5月19日(土)10時30分~11時45分
・会場:日比谷図書文化館(展示館隣り)
    スタジオプラス(4階小ホール)
・参加費無料
・事前申し込み不要 定員60名

講演終了後には、領土・主権展示館にもぜひお立ち寄りください。

わが国初となる「領土と主権に関する常設展示場」は、竹島や尖閣諸島問題に関するパネル資料や動画などが展示・紹介されています。
今後は展示内容のさらなる充実を図ると共に、竹島や尖閣諸島が我が国固有の領土である歴史的・学術的資料を紹介する企画展示も準備中です。
また、国会見学や修学旅行の児童・生徒たちの見学や団体受付もできないか、政府に検討を要請しています。

一人でも多くの方がこの展示館を訪れていただき、日本が解決しなければならない領土問題への理解・啓蒙が進むことを願い、ご案内させていただきます。


〇「領土・主権展示館」5月の開館日時変更のお知らせ
http://www.shindo.gr.jp/…/uploads/2018/05/20180518_ryodo.pdf
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
powered by