上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
当会議より、内閣総理大臣、外務省、国土交通省、内閣府への発送する「声明ならびに要求」を以下に記す。


声明ならびに要求


 中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突し、我が国海上保安庁の公務の執行を妨害した件について、「特定非営利活動法人 日本領土領海戦略会議」は、以下の声明を発表する。

一.
 当該事件は、中国漁船による日本の領海への侵犯であり、日本の領土領海内で漁船が海上保安庁の船に衝突させた公務執行妨害について、相手が日本人であれ外国人であれ、国内における事件については国内法に基づき裁かれるのが当然である。ゆえに同庁による中国人船長らの逮捕を支持する。

二.
 一に記述のとおり、国内法に基づき裁かれるべき当該事件に関し、拘置期限より五日も早い段階で、彼らを処分保留のまま解放したことは法治国家に反する行為である。以上の見解より、同行為は支持しがたい。

 以上の声明をもとに、当法人は日本国民を代表して、以下の二点について、政権与党である民主党に対し、日本国民への説明、および国際社会への公開を要求する。

一.
 日本政府は彼らを解放する理由を日本国民に説明すること。加えて、このたびの彼らの釈放により日本政府が得る国益について、その説明を明確に行うこと。
>- 日本の国益を守る故の説明がなされず、大多数の日本国民の賛意が得られない政府行動は、日本国民への背信の可能性が極めて高いといわざるを得ない。これは歴史が示すとおり、洋の東西を問わず革命につながる可能性があり、危惧すべき事態である。

二.
 日本政府、ならびに海上保安庁は、日本の主張の正当性を証明するため、海上保安庁が記録した同件の衝突映像を、我が国国民ならびに国際社会一般に公開すること。
>- 海上保安庁は「中国漁船が巡視船に衝突してきた」と説明しており、これは中国メディアが報道する「巡視船が漁船に衝突した」とする内容と、異なるものである。政府として、明確な証左を示すべきである。

三.
 今後、尖閣諸島周辺の排他的経済水域、領海などが外国により犯された場合、どのように対応をするのか、また今後、尖閣諸島をはじめとする国境の離島をどのように守っていくのかを明らかすること。

内閣府認証特定非営利活動法人 日本領土領海戦略会議
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

『中国側と語らず戦争になったらどうする?民主党の弱腰外交(怒)』

 日中関係が冷え込むなかで極秘に細野前幹事長代理が捨て駒の様に中国を訪れたそうだが、今の与党:民主党の議員をはじめ、知的でなく、発想力も国の管理レベルも低い政治家・役人どもが、まるで日本を私物化であるかの様に動かし、ヘマばかりしている日本国家に怒り、辛口トークで記事にしました。いつもの"おもしろ写真"では「沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件画像」「民主党有志73人が緊急声明 っ?はぁ~?民主党有志~っ?」「小沢一郎=汚沢一郎の民主党の醜態」「秋葉原の電気街や池袋の“チャイナタウン”で買い物する中国人の感想」等々を貼ってみたのです。・・(*^_^*)トラックバックをさせて戴きとう思っております。<m(__)m>
2010/09/30 10:43 |智太郎 #-URL編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。