上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!
日ロの首脳会談が2月の中旬に行われる可能性が高くなってきた。民主党には、政争によって、この機会を潰さぬように配慮ねがいたい。党益よりも国益を中心に考えてこそ、国会議員であるのだから。

なお、北方領土関連では、2月7日が「北方領土の日」として全国各地で北方領土返還要求の大会が開催される。東京の九段会館でも行われる北方領土返還要求全国大会には、ぜひとも、首相、外相、北方大臣など関係閣僚、その他主要閣僚、民主党代表、社民党代表など、多くの国会議員に出席していただき、日本が本気であることを示しいてもらいたい。と、同時に、多くの一般市民の皆様もご参加いただき、会場に入れないほどの盛り上がりを見せれば、プーチン首相へのとても良いアピールになるだろう。2月7日は九段会館へ!!!!!!!!!



日ロ首脳会談受諾へ 首相、初のサハリン訪問(01/27 07:36) 北海道新聞

 麻生太郎首相は二十六日、ロシアのメドベージェフ大統領が申し入れた二月中旬のサハリン州での首脳会談に応じる意向を固めた。ロシア側が持ちかけてきた会談を生かし、北方領土問題前進の糸口を探る方針。緊迫する国会との調整がつけば、日帰りも視野に日程を詰める考えだ。

 日本の首相のサハリン訪問は、実現すれば初めて。ロシア側ではサハリン州政府が北方領土を管轄しており、「北方領土の話もしやすい」(首相周辺)との判断も働いた。

 河村建夫官房長官は二十六日の記者会見で、大統領が二十四日の首相との電話会談で提案した首脳会談について「(サハリンは)北京より近く、日帰りも可能だ」との認識を示した。藪中三十二外務事務次官も「首脳外交が従来以上に重要性を増している。チャンスがあれば、どう生かせるか考えていけばいい」と述べた。

 大統領は、大型エネルギー開発事業「サハリン2」の液化天然ガス(LNG)工場完成記念式典に首相を招待しており、会談は式典と同日になる見通し。二月十八日を中心に調整している。

 ただ、与党は二〇〇九年度予算案の年度内成立を確実にするために、二月二十日前後に衆院通過を図る構え。このため首相は国会の状況を見極めて最終判断する。
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

テーマ : 領土・領海・・経済水域 - ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。