FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!


 「竹島(韓国名:独島)は韓国領」と主張してきた日本人歴史学者が、新たな史料を根拠に、日本政府の主張に正面から反論した。

 久保井規夫・桃山学院大学名誉教授は24日午前、韓国国会の東北アジア歴史歪曲(わいきょく)対策特別委員会に出席し、日本の外務省が挙げる第一の証拠資料について「海賊版」だと主張した。

 日本の外務省は、独島が日本領だと主張する第一の史料として、長久保赤水の「改正日本輿地路程全図」(1846年)を挙げている。

 この地図では、竹島を「独島」と表記して日本領を意味する白で表示しており、日本は古来から独島を自国の領土と認識してきたという。
3a2722e4.jpg

 しかし久保井名誉教授は「この地図は、正規版ではない海賊版の地図。正規版ならあるはずの、製作者の序文も、発行場所の名称も、『第○版』という刻印もない」と強調した。

 久保井名誉教授は、日本政府が竹島の領有権を主張するために、誤りがあった初版の地図(1775年)をそのまま借用した「海賊版」を使っていると説明した。

 久保井名誉教授は、鬱陵島と竹島を日本領と誤認しかねない白で表示しているのは誤りという点が確認されたとして「当時、官では、この地図の発行を許可するに際して『鬱陵島と竹島を日本領から除外する』と決めたことが確認され、4年後の1779年以降、正規の改正版では鬱陵島・竹島が無色(朝鮮領)で表示された」と説明した。

 そうして久保井名誉教授は「日本政府が正規版ではない海賊版を使用するのは、鬱陵島・竹島を日本領に仕立てることができるから。これは、著者の改正意図を歪曲し、歴史の真実を隠す行為にほかならない」と指摘した。

NEWSIS/朝鮮日報日本語版
スポンサーサイト


ブログランキング人気ブログランキングに参加中!
↑↑↑領土問題解決のために一日1クリックお願いします!

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。